サブリミナルCDで潜在意識を変えます

サブリミナルで、あなたの潜在意識に直接メッセージを送ります。潜在意識が変わると現実が変わる!サブリミナルは、顕在意識をバイパスします。潜在意識に直接メッセージを送ることで、顕在意識の抵抗をバイパスします。 潜在意識の仕組みをしっても、メッセージを送らなければ人生は変わりません。 あなたは、潜在意識にどんなメッセージを送っていますか?

 

 

能力開発法がいっぱい⇒人気ブログランキングへ

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
サブリミナルCDで潜在意識を変えます

サブリミナルで、あなたの潜在意識に直接メッセージを送ります。潜在意識が変わると現実が変わる!サブリミナルは、顕在意識をバイパスします。潜在意識に直接メッセージを送ることで、顕在意識の抵抗をバイパスします。 潜在意識の仕組みをしっても、メッセージを送らなければ人生は変わりません。 あなたは、潜在意識にどんなメッセージを送っていますか?

 

 

能力開発法がいっぱい⇒人気ブログランキングへ

 

ヤフーニュースに興味深い記事をみかけましたのでここに掲載しておきます。
高学歴芸人として知られるコンビ「ロザン」のお二人の勉強法を紹介したものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091203-00000054-zdn_b-sci

 おバカ、雑学王、高学歴――。最近、クイズ番組などで知識を披露する芸能人をよく見かけるようになった。特にお笑いコンビ「ロザン」の菅広文(すが・ひろふみ)さんと宇治原史規(うじはら・ふみのり)さんは、ともに国公立大学に進学した“高学歴芸人”として有名だ。クイズ番組に出演したり、ナカバヤシと大学ノートを共同開発するなど、さまざまな分野で高学歴を生かしている。

 2人が芸人になるまでを描いた小説『京大芸人』が10万部を突破し、先月第2弾となる『京大少年』を出版するなど、菅さんは文筆活動でも忙しい。そんな多才な彼らの仕事術や勉強法などを聞いた。

●高学歴芸人の勉強法

 “高学歴芸人”と呼ばれるだけに、日々の勉強も欠かせない彼ら。どんな勉強をしているのかを尋ねてみた。

 「ものを知ることで視野が広がり、人との話題も増える」。だから宇治原さんは新聞で情報を得たり、分からないことはネットなどで徹底的に調べるという。「新聞は最低3紙を読み比べしています。新聞は質のいい教材だから」。賛成意見もあれば反対意見もある。そのニュースをどう考えたらいいのか、1紙だけでは分からないから読み比べるのだという。特にオススメは社説。「社説を書く人は新聞社の一番文章がうまい人だと思うから」(宇治原さん)

 菅さんも新聞を活用する。本の執筆のほか、漫才のネタ作りを担当する管さんにとって、“書く”ということの勉強にもなるからだ。「文章を書くに当たって意識したことは読みやすさ。そのために構成するまでにどうするか悩みに悩み、『京大少年』の執筆には4カ月を費やしました」(管さん)

 菅さんはネタ作りや書籍の構想は、ノートに書いて「Let'snote」で清書をする。『京大少年』を執筆していたときは、「Let'snote」は毎日持ち歩いていたそうだ。

 宇治原さんは、テレビ番組の企画で挑戦している漢字検定の勉強でノートを頻繁に活用する。大学受験のときからノートは、「余裕をもって書く」「ペンは何色も使わない」を心掛けているとか。「1ページにぎっしり書いたり、何色ものマーカーでチェックしたりしてしまうと、覚えづらい。ペンはなるべく単色。使っても赤ぐらいですね」(宇治原さん)


以上は記事の一部の引用です。

「天声人語」等の社説を読んだり、書き写したりすることは本当に役立ちます。
私も実践しています。





聴くだけで集中力アップ


スポンサーサイト
12/03|大人の学力||TOP↑
サブリミナルCDで潜在意識を変えます

サブリミナルで、あなたの潜在意識に直接メッセージを送ります。潜在意識が変わると現実が変わる!サブリミナルは、顕在意識をバイパスします。潜在意識に直接メッセージを送ることで、顕在意識の抵抗をバイパスします。 潜在意識の仕組みをしっても、メッセージを送らなければ人生は変わりません。 あなたは、潜在意識にどんなメッセージを送っていますか?

 

 

能力開発法がいっぱい⇒人気ブログランキングへ

 

 経済協力開発機構(OECD)は、これまでデータがほとんどない、「成人が社会で必要とされる能力」を測る初の世界的調査「国際成人力調査(PIAAC=ピアック)」を2011年に実施する。

 日本も、文部科学省の国立教育政策研究所が主体となり調査に参加し、「日本の大人の学力」の把握と国際比較に乗り出す。結果は13年に世界同時公表される見込み。

 OECDでは、世界の15歳を対象にした「国際学習到達度調査(PISA)」を実施しているが、ピアックは、この大人版となる。PISAでは日本の子どもの学力低下が論議を呼んだだけに、大きな関心を集めそうだ。

以上はヤフーニュースより一部引用です。
引用元は
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091118-00000644-yom-sci


個人的に非常に興味深い試みです。

最近非常に人気の高い脳機能学者である苫米地英人博士は、
著書”「1日10分」でスピード脳に生まれ変わる”で
こう書かれています。

「社会人になると、思考することをいっさい禁止されてしまいます。
典型的な例でいえば、財務省に入ると、上級職合格者であっても、
最初の一年間はコピーとお茶汲みのような雑用ばかりやらされます。
それは、ほとんどの会社で同じこと。
サラリーマンの一年目は、本当に思考がいらないようになっています。
なぜなら、会社の目的が思考させないことだから。
社会が、思考をしないサラリーマンを望んでいるからです。」

こうして「会社に入って3年たてば、みなバカになる」とのこと。

「1日10分」でスピード脳に生まれ変わる

苫米地博士の言うとおりだとすると、世間にエリートと呼ばれる人ほど、
PISAの成績は芳しくないものになるかもしれません。

聴くだけで集中力アップ


11/18|大人の学力||トラックバック(0)TOP↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。