サブリミナルCDで潜在意識を変えます

サブリミナルで、あなたの潜在意識に直接メッセージを送ります。潜在意識が変わると現実が変わる!サブリミナルは、顕在意識をバイパスします。潜在意識に直接メッセージを送ることで、顕在意識の抵抗をバイパスします。 潜在意識の仕組みをしっても、メッセージを送らなければ人生は変わりません。 あなたは、潜在意識にどんなメッセージを送っていますか?

 

 

能力開発法がいっぱい⇒人気ブログランキングへ

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
サブリミナルCDで潜在意識を変えます

サブリミナルで、あなたの潜在意識に直接メッセージを送ります。潜在意識が変わると現実が変わる!サブリミナルは、顕在意識をバイパスします。潜在意識に直接メッセージを送ることで、顕在意識の抵抗をバイパスします。 潜在意識の仕組みをしっても、メッセージを送らなければ人生は変わりません。 あなたは、潜在意識にどんなメッセージを送っていますか?

 

 

能力開発法がいっぱい⇒人気ブログランキングへ

 

 青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を毎日食べ続けることで認知症予防に効果があることを、島根大医学部の橋本道男准教授(脂質栄養学)のグループが、高齢者108人に行った試験で実証した。100人規模の高齢者を対象に実際に毎日食物として食べさせるなどする「介入試験」で効果を実証したのは国内初という。7月に米国・ハワイで開催の国際アルツハイマー病会議で発表する。

 島根県立大などと共同で実施。同県在住で65歳以上の健常な高齢者108人(平均年齢73歳)を、二つのグループに分け、一方にDHA850ミリグラム、EPA200ミリグラムを含む魚肉ソーセージ、もう一方にいずれもほとんど含まない魚肉ソーセージを1年間、毎日2本ずつ食べさせた。

 一度見た図形を模写するテストや、あらかじめ決められたルールに沿って指を動かすテストを行ったところ、DHA入りを食べていたグループは成績が改善、短期記憶や運動能力などの機能低下が抑制された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100203-00000009-maiall-soci

興味深いニュースです。
青魚に多く含まれるDHAやEPAの認知症予防効果が実証されました。

これらの栄養成分を多く摂取することで頭が良くなる、というのは随分以前から言われていたことでした。
しかし、科学的・医学的に立証されてはいないということで、多くの専門家はその効果に否定的、又は懐疑的な立場にありました。半ば「都市伝説」のような扱いでもありました。

そして私が興味深いと思ったのは、今回の試験の対象が高齢者であることです。
高齢者が一年間毎日、DHAとEPAを摂取することで、記憶力や運動能力が改善されたということ。
対象が若い人である場合、どういう結果になるかということはまだ不明ではありますが、若い人の能力の向上も期待できるのではないかと思います。
能力開発トレーニング等を続けることに併せて、DHAやEPAを摂取するようにすれば、より大きな効果が得られるかもしれませんね。

聴くだけで集中力アップ

スポンサーサイト
02/03|食事||TOP↑
サブリミナルCDで潜在意識を変えます

サブリミナルで、あなたの潜在意識に直接メッセージを送ります。潜在意識が変わると現実が変わる!サブリミナルは、顕在意識をバイパスします。潜在意識に直接メッセージを送ることで、顕在意識の抵抗をバイパスします。 潜在意識の仕組みをしっても、メッセージを送らなければ人生は変わりません。 あなたは、潜在意識にどんなメッセージを送っていますか?

 

 

能力開発法がいっぱい⇒人気ブログランキングへ

 

Yahoo!ニュースからの転載です。

短期でも高脂肪の食事をしていると、運動能力や記憶力が損なわれる可能性がある。英ケンブリッジ大学の研究者がこのような研究結果を発表した。

 この研究では、ラットに高脂肪のエサを与えたところ、10日足らずでラットの運動能力が衰え、短期記憶が大幅に損なわれたという。この結果は食事と思考、運動能力との重要な関連を示していると研究者は言う。

 実験では、低脂肪のエサ(脂肪分7.5%)と高脂肪のエサ(脂肪分55%)をそれぞれラットに与えた。高脂肪のえさを4日間食べたラットは、酸素を使って運動に必要なエネルギーを発生させる能力に衰が見られた。9日後には低脂肪のエサを食べたラットと比べて、迷路から抜け出すのに長い時間がかかるようになり、ミスも増えた。ラットの細胞を調べたところ、高脂肪食のラットは脱共役タンパク質3と呼ばれるタンパク質のレベルが上昇しており、このため酸素を使って必要なエネルギーを得るプロセスを効率的に処理できなかったという。

 「西洋式の食事はたいてい高脂肪であり、肥満や糖尿病、心臓疾患などの長期的な問題に関連している。だが、このような食事を短期間続けた結果についてはほとんど注目されていない。われわれの研究によって、日々の生活で高脂肪食を減らせば、健康や敏しょう性に短期的なメリットがあるということを皆が真剣に考えるようになってほしい」と研究者は述べている。
記事元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000008-zdn_n-sci

高脂肪の食事が体に良くないことは昔から知られるところですが、
短期的摂取でも記憶力に影響を及ぼすということが明らかになったとのこと。

この記事の実験内容の記述だけでは、後半の「日々の生活で高脂肪食を減らせば~」
という件の説明にはならないと思いますが、
(機能回復についての実験内容の記述が無いので)
この記事をそのまま信じるのであれば、食生活を改善することで、
記憶力にも好影響が期待できるということになるのでしょう。

身に覚えのある方は試してみてはいかがでしょうか。

でもこの記事の内容には、上記の件等ちょっと疑問も残ります。
多分記事を書いた人の問題でしょうが。

聴くだけで集中力アップ

メタボリックシンドローム 食事

08/25|食事||TOP↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。